初心者のための事故車情報サイト

当サイトでは事故車の買取をしています。
交通事故などのぶつかってしまった事があり修理をした場合や、大きく修理はしていないけど修復済みの車、故障してからしばらく乗っていない等の車の買い取りとよばれているものでも状態は様々です。
最近の豪雨等の影響も大きく、水没してしまった場合はどうなるのかという相談も少なくはありません。
買い取ってもらえる場合はどこまでなのか業者によっても多少は異なりますが、大きな違いは無いようです。

買取可能な事故車の状態はどこまで?

買取可能な事故車の状態はどこまで? 事故車というと交通事故をおこした車である、と思っている人も少なくはありませんがそれだけではなく、フレームやダッシュパネルなどの車の骨格部分の損傷を修復した状態のこともいいます。
事故でドアをぶつけても骨格部分に影響がなければ、交通事故をおこした車ですが、事故車ではないといった少しややこしい状態になってしまいますが、細かく言えばそういうことです。
買取をする場合にはその骨格部分が正しく修復をされており安全な状態であれば、買取は可能です。
エンジンがかからない等で動かなくても、車によってはパーツだけ発展途上国等に輸出するという場合もあるので、どのような場合であっても諦めずに相談してみるのもいいのではないでしょうか。

走行距離では事故車でも買取することができる

走行距離では事故車でも買取することができる 自動車をメンテナンスしていつでも乗ることができるようにしておくのは持ち主の義務でもありますが、トラブルによっては大切な自動車も動かなくなってしまうこともあります。
一般的には修理をして乗ることができればそのまま維持する人も多くいます。
しかし万一事故にあってしまうとその状況によっては対応方法も考えなければなりません。
事故車に乗り続けるのはあまり好まないと言う人もあります。
しかし一度事故にあってしまうと査定は大きく下がってしまいます。
修理をする費用を考えると損をしてしまいかねません。
そのようなことにならないように事故車を事前に買取すると言う方法もあります。
それは走行距離によっては修理をして乗り続けるよりも、そのタイミングで買取をしてもらうのです。
走行距離で業者に判断をしてもらえれば、修理に多くの費用をかけることなく買取をしてもらって、買い替えを考えられるということです。
事故車はいくら綺麗に修理ができたと思っていても、プロが見たらすぐにわかってしまいます。
修理をしてから査定が大きく下がっているというよりも事前に確認をしてから修理という方法もあるということです。
このようにまずは業者に相談してみます。

事故車や廃車も買い取ってくれる専門店に依頼してお得に処分

自動車は、動かせる状態であるからこそ価値があるものと考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
そのために、事故車となってしまい動かせなくなってしまった車両や、古くなり放置している廃車同然の車両などの処分に困っているケースも散見されます。
しかしながら、専門的に事故車や廃車を買い取っている店舗がありますので、まずは一度連絡をしてみることがおすすめです。
なぜ事故車であっても買取が可能なのかは、部品やパーツなどにはまだ十分な価値が残っていることが挙げられます。
修理をしたい場合に新品のパーツをメーカーから取り寄せるとコストが掛かりますが、事故車や廃車からピックアップした部品であれば安く供給が可能となるものです。
つまり部品やパーツを事故で破損していない部分から取り外して再利用することができるという観点で、廃車や事故車にも十分な価値があるものと判断されるのです。
もちろん、その買取に関しては知識やノウハウが求められるものですので、必ず専門性の高い店舗に相談することがおすすめです。
諦めていた処分も、思わぬ形で予想以上の査定額が提示される可能性がありますから、まずは一度連絡をしてみてください。

事故車を売るのであれば専門店に持ち込むこと

事故車になってしまうと車としての価値が大幅に下がってしまうため、経済的にも大きなダメージを受けてしまいます。
それが特に近々売ることを考えていた車であればなおさらです。
事故車になってしまった時点で、査定が下がるのは避けられませんが、大事なことは少しでも高く買取をしてくれる店を選ぶという点にあります。
査定が下がったとしても、車は高額なものであるため持ち込む場所によってその差は無視できないぐらいに大きくなるためです。
事故車を売るときには、専門店に持ち込むことによって、減額を最小限に留めることができます。
優良な車が多い日本国内では事故車になってしまうと、相対的に相当状態の悪い車とされてしまって価値が落ちてしまいますが、信頼の高い日本車はそのようなものでも海外では高値で取引をされています。
そのような海外での販路を持っている専門店であれば、事故車になった車であっても、それなりの値段をつけて買い取ってくれるというわけです。

事故車でも価格がつく見積もり査定のポイント紹介

事故車でも値段をつけてくれる業者があります。事故車買取歓迎とか最低1万円で買取するといったセールスコピーがポイントです。
いろいろな査定があるのですが、希少価値が高い車であれば、レストアといって再生して復刻して販売することがあります。
ですから、この場合は買取の見積もりが高くなる傾向があります。
また、希少価値の高い車を長く乗るために生産停止の部品を探し求める人にこたえるため、部品を売るために買取ニーズがあるのです。
もっとも、安い買取の理由は、スクラップで金属を売却して収入とするために買い取られます。
したがってこの場合は、リサイクルできる材料を使った車が高価買取の可能性を秘めているのです。
諸費用もかかるので注意が必要です。
例えば、所有者が第三者であれば権利を抹消する手続きが必要となります。
ナンバープレートの返却などの費用も掛かります。
これらは所有者に請求がくるため注意が必要で、よく確認と交渉することがポイントです。

事故車を購入する場合は原因を調べてから購入を判断しよう

自動車は個人が購入する物品の中でも高額な部類に入り、誰でも簡単に入手できるわけではありません。
このような理由から中古車は一定のニーズがあり、中には市場価格よりも安値で販売されていることもありますが、あまりに安値で販売している場合は事故車である可能性が高くなるので注意が必要です。
事故車というのは中古で供給する前に交通事故を起こし、車体に不具合が発生したものを補修して販売する車をいいます。
現在の車は車体の強度や耐久性が高くなっているので、ある程度の破損があっても走行には問題にならないケースが増えていますが、どのような原因で事故車になったのかを知る必要があります。
それは走行にそこまで関係が無い部分が破損した場合はそこまで気にしなくてもいいのですが、車軸やエンジンと直結している場所が壊れると、簡単に購入しない方がいいでしょう。
事故車の注意点は継続して使用すると破損した場所の状態が悪化するということであり、この劣化が原因で突然に走行に悪影響を及ぼして重大な影響を与えることがあります。
これは車は走行する際に強い振動を受けたりエンジンによって高温状態になるからであり、法的な車検に適合していても、事故車はいつ劣悪な状態になってもおかしくないという認識だけは持つようにしてください。

取り扱いに困った事故車をお得に処分できる方法

運転ミスなどで大きく破損させてしまった事故車は、そのまま処分するしかないものと考えていらっしゃる方は少なくありません。
事故によって動かなくなってしまった車両には、全く価値がないと思われがちですが、実はその事故車がお得に処分できる可能性があるものです。
自動車は実にたくさんのパーツで構成されている工業製品でもありますので、全体としては事故車で動かない状態でも、まだ十分に使用することが可能なパーツが残されていることで、価値が残存しているものと考えられます。
そのために、事故車をしっかりと査定して買取をしてくれる専門店があるのです。
廃車にしてしまうほかないと考えていた事故車をお得に処分できる方法が、その専門店への査定依頼と言えるでしょう。
プロの視点から車両の状態を見極めて、どの程度の価値があるのかを適正な査定で出してもらうことが期待できます。
場合によっては、思いがけない高額の査定が出されるケースもありますので、まずは相談のために連絡をしてみませんか。

事故車の損傷の程度によって、車の処分方法が違ってくる

新型コロナの世界的な流行つまりパンデミックによって、自動車の生産台数にまで影響が出ています、つまり自動車や電化製品などの生産に必要不可欠な「半導体」の供給不足における生産数の遅れが原因です。
その影響が自動車の中古車市場にも影響し、人気車両の価格の高騰を招いています。
特に海外で人気の日本車・特にSUVの人気に歯止めがかかりません。
この中古自動車の国内および海外での人気は、事故車両の買い取り相場にまで大きく影響を与えています。
一般に言う事故車とは道路などで頻繁に起こる交通事故が原因で起きます。
これによって全壊とみなされた事故車は解体され、部品ごとに区分けされ、再生品として世間に流通します。
なお全壊に至っていない車は所有者の意向で修理されて再利用されるか、業者によって引き取られ、元の状態に復元されて再販され店頭に並びます。
中にはオートオークション等に出品され、セリ落とした国内の販売業者で再販売される(修復的有り車両として)か、または海外に輸出されます。
損傷の程度によっては、たとえば後ろ半分に損傷が大きい場合は、前半分の「部品」として海外輸出などで再利用され、海外で再利用されています。

事故車の中古車市場で需要性と、事故の有無の誤魔化し販売の実態

老人のアクセル踏み間違いが原因で引きおこる交通事故や人身事故、また異常気象などが引き起こす河川の氾濫による自動車の冠水事故等、「事故」は私たちが目にする間近なニュースとなってテレビや新聞などの報道で紙面をに屋化しています。
駐車場で空発進して真っ逆さまに転落した事件や、踏切で立ち往生して電車とぶつかった事故、幼稚園児の列に突っ込んだ悲惨な事故など枚挙のいとまがありません。
ではこれらの「事故車」はどのように処分されているのでしょう。
処分方法とは、修理して再利用する、事故車買取業者に買い取ってもらう、解体車として解体業者に引き取ってもらうなどがあげられます。
最初の修理して再利用するは、元の持ち主が事故の程度が軽微なための再利用ですから問題ありません。
次にあげる事故車の買い取り業者の買い取りが少し問題を含みます。
事故した車でも需要があれば再販は可能です。
問題は需要性のあり方によって変わります。事故の程度で軽微または中程度であれば、修復し「いわゆる修復歴あり車両」と表示して再販、または事故程度が大きい場合でもそれは可能です。
おおきな問題はこの事実を隠して販売する行為がある事です。
この「修復歴の有無の表示」は公正取引法によって義務とされており、従わなければ行政罰を受ける事となります。
でも修復歴の有無で車の販売相場が大きく変わる為、従わない販売業者がある事は否めない事実でしょう。

事故車の処分費用の相場と出費を抑えるコツ

事故を起こしたことが原因で動かくなった、所謂不動車の処分費用の平均相場は5万円前後です。
車の解体やリサイクルなど、手続きに費用が発生することが主な理由になります。
少しでも金額を抑えたい、できれば出費は避けたいという場合に有効な手段が業者の利用です。
車関連の業者というと、対象となるのは可動車だけというイメージを抱いている人も少なくありません。
需要の増加に伴って、事故車でも引き取ってくれる所は増えています。通常は無料での引き取りという形になりますが、パーツ類が高く売れると判断されれば現金で買取をしてもらうことも可能です。
ただし、中には自治体からの正式な認可を受けずに違法に営業している会社もあります。
悪質な会社に依頼をしてしまうと、レッカー代など後になってから別途費用を請求されるケースもあるので注意が必要です。
事故車の引き取りを依頼する時は、利用した人の口コミなどから信頼性を確認しておかなくてはいけません。

事故車の買い替えはどんな時にするものなのか

車で事故を起こした時、双方が気まずい思いをしてしまうのは仕方がなく、ましてや事故の状況によっては破損や損傷等ひどいダメージを被っている場合が多い様です。
そんな時に、修理してそのまま乗るのか新しい車に買い替えるかで悩む人は多い筈です。
事故車は修復歴のある車という事になりますが、完全に修復される訳ではないので、修理してまた乗り始めるのはデメリットが多いと言えるでしょう。
では、事故車はどのような時に買い替えたら良いのでしょうか。
ポイントは、保険金がいくら降りて修理箇所はどこなのか、年式の古い車でないかどうか、加入中の保険の補償内容はどうなっているかという事です。
保険金等は損傷の度合いによりますし、走行不可能になってしまえば即買換えです。
また古い車だと部品の調達に時間がかかってしまって、早くには乗れない事が多く、車の保険も年式の新しい方がより多く保証してもらえて、もしかすると保険のみでは修理が賄えなくなる場合も多々あります。

事故車となった時に確認すべき任意保険の契約内容と選択肢

交通事故を起こしてしまったり、いわゆるもらい事故の被害者となった場合、自動車対自動車の場合は任意保険に加入をしていることで過失割合が決まった時点で修理を行うことはできます。
通常はこの範囲で持ち出し金をゼロ円にして修理は行えますが、損傷が激しい場合では修理をせずに過失割合と自動車の価値を算出して会社からお金を受け取る選択肢もあります。
事故車となった場合で高額な車種で尚且つ年式も新しいという条件では、相手側が加入をしている会社側が納得できる対応をしない場合、弁護士を利用する方法も損益を出さないためにも価値はあります。
一方で事故車の問題は単独事故を起こしてしまった方で、車両保険に加入をしていない方の場合、修理費は全額自己払いになるので注意は必要です。
実際に加入をしていなく修理費を支払う余裕がないという方であれば、事故車であっても買取りをしている中古車買取りの専門会社に売却をする手段もあります。
車種や年式によりますが買取りの一括査定サイトを利用する方法であれば、最高値で売却することを可能にします。

事故車の買取金額を高くする方法は存在するのか

事故車の金額を高くする方法について、客観的に考えてみましょう。
まず第一に車の買取金額はその車の状態に大きく依存します。
事故車の程度や修復の必要性、修復品質が金額に直結します。
したがって事故車を高く売りたい場合、事故の程度や修復状態を正直に伝えることが重要です。
正確な情報を提供することで、買取業者はリスクを評価しやすく、適切な金額を提示するでしょう。
次に、事故の車の買取金額を高める方法として、複数の買取業者から査定を受けることが挙げられます。
異なる業者は異なる査定基準を持っており、競争が価格を引き上げる可能性があります。
複数の見積もりを比較し、最良の提案を選ぶことが重要です。
市場価値に関する調査も有益です。
同じ車種や年式の事故車がどれくらいの価格で取引されているかを知ることで、適切な価格交渉が可能となります。
最後に車を売る際には、車の書類を整備し、整備記録や車歴情報を提供することも重要です。
これにより、買取業者は車の過去を確認しやすくなり、信頼性が高まります。
金額を高くするためには正確な情報提供、複数の査定・市場価値の調査・書類整備が鍵となります。
誠実な対応と情報提供が、高い金額を実現する一因となるでしょう。

中古車購入にあたり事故車の見極め方を知る

中古車を購入する際、事故車の見極め方を知ることは非常に重要です。
事故車を購入すると後で高額な修理費用がかかる可能性があるため、慎重な判断が必要です。
行うべきことの一つは車両の歴史を調べることです。
車両の履歴レポートを入手し、過去の事故や修理履歴を確認しましょう。
これにより、事故車である可能性が高い車を特定できます。
外観のチェックも重要です。
車のボディパネルや塗装に不自然な段差や色の違いがないか確認しましょう。
ドアやフェンダーが合わない場合や、バンパーに歪みがある場合、事故の痕跡があるかもしれません。
車内を詳しく調べることも忘れてはいけません。
エアバッグの展開履歴を確認し、エアバッグが展開したことがある場合、事故車の可能性が高まります。
また、シートベルトや内装の異常な痕跡もチェックしましょう。
さらにエンジンやサスペンションなどのメカニカルな部分も確認が必要です。
特に、フレームやサブフレームに歪みがないか、ステアリングが正確に動作するかを注意深く検査しましょう。
プロの検査を検討することをお勧めします。
信頼性のある自動車整備士や検査機関による点検を受ければ、隠れた事故の兆候を見逃すことが少なくなります。

安全性や機能に問題が生じている恐れがある事故車の種類

事故車と一口に言っても、その種類には様々なものがあります。
多くの場合は車両の履歴レポートに記録されているので、購入前には必ず確認するようにしましょう。
そうすることで品質的に良くない車両を避けることができます。
基本的に事故車と呼ぶ場合、交通事故などに巻き込まれた車両のことを指します。
衝突などによって車を構成するベースとなるフレームに破損が生じているリスクがあるため、このような呼び名で定義づけることで、問題のない車両と区別しているというわけです。
事故車の特徴は、衝突事故によってダメージを受けた車両のことです。
その多くはエンジンルームやフロントパネル、バンパーやトランクなどに損傷が生じています。
さらに転倒したものなどは、車体や屋根にもダメージが見受けられます。
一方で衝突事故以外でも事故車と定義付けられるケースもあります。
その例が洪水や大雨などで浸水被害を受けた車両です。
電子システムやエンジンといった重要な箇所に損傷が生じている恐れがあるため、同じように呼ばれます。

新車が事故車になった際の対処方法で損をしない選択肢

念願の新車を購入した方であっても、1年も経たずに事故車となってしまう可能性は否定できません。
本人に過失がある場合だけではなく、完全にもらい事故となる可能性もあり、どちらのケースでも任意保険の自動車保険に加入をしていれば問題なく修理することはできます。
ところが自損事故により事故車となったケースでは、車両保険で修理する必要性があります。
この時点で車両保険に加入をしていない方や、上限額を大きく超える修理費が必要になった際には、手持ち金で修理することができずに処分の方法で悩んでしまうこともあり得ます。
この場合は車種による違いはあるものの、事故車を買取る専門店に依頼をする方法はありますが、残債がある場合は問題になる可能性も出てしまいます。
この問題は一旦は自己費用で残債分を一括返済を済ませた上で、事故車の買取り店に依頼をする方法であれば問題はありません。
例えば250万円で購入した自動車を残債が160万円ある時点で事故を起こして売却するような場合、買取り店で90万円の価値が付けられたと仮定をすると、実質的に70万円の被害で済ませられるのではないでしょうか。

後で事故車と発覚した場合の過失は誰にあるのか

購入したときには問題のない車だと思っていたのに、後で事故車と発覚した場合の過失は誰にあるのか気になる人もいるのではないでしょうか。
買った側がよく調べなかったのが悪いのか事故車を売った業者側が悪いのか、安全に関わる部分でもあるだけに事前によく確認をしておきたいところです。
まず、情報がしっかりと公開されていたのであれば、確認を怠った買い手が悪いということになります。
業者側は事前に全て情報を提示しているわけですから、それを見落としていた買い手に落ち度があるということです。
逆に事故車であることを隠蔽して売っていたのであれば、消費者に不都合な情報を意図して伏せていたわけですから、売り手側に問題となります。
それでは、売り手自身も事故車であったことを知らなかった場合どうなるかということですが、一般的にはプロが見抜けないのが問題ということで業者側の過失となるケースもあります。
車を購入するときには、購入後に問題があった時責任は誰にあるのか確認しておくことが重要となります。

事故車に関するお役立ちリンク

事故車 買取

新着情報

◎2023/12/1

情報を追加しました。


>事故車の買取金額を高くする方法は存在するのか
>中古車購入にあたり事故車の見極め方を知る
>安全性や機能に問題が生じている恐れがある事故車の種類
>新車が事故車になった際の対処方法で損をしない選択肢
>後で事故車と発覚した場合の過失は誰にあるのか

◎2023/2/3

情報を追加しました。


>事故車の損傷の程度によって、車の処分方法が違ってくる
>事故車の中古車市場で需要性と、事故の有無の誤魔化し販売の実態
>事故車の処分費用の相場と出費を抑えるコツ
>事故車の買い替えはどんな時にするものなのか
>事故車となった時に確認すべき任意保険の契約内容と選択肢

◎2022/4/15

情報を更新しました。
>事故車や廃車も買い取ってくれる専門店に依頼してお得に処分
>事故車を売るのであれば専門店に持ち込むこと
>事故車でも価格がつく見積もり査定のポイント紹介
>事故車を購入する場合は原因を調べてから購入を判断しよう
>取り扱いに困った事故車をお得に処分できる方法

◎2020/4/3

事故車の安全性は場合によって変わる
の情報を更新しました。

◎2020/2/10

水の影響を受けたクルマは注意
の情報を更新しました。

◎2019/8/27

事故車の見極めには注意が必要
の情報を更新しました。

◎2019/8/27

修復されたことがある事故車
の情報を更新しました。

◎2019/7/11

水没したことがある事故車の買取
の情報を更新しました。

◎2019/6/14

サイト公開しました

「車 状態」
に関連するツイート
Twitter

怒りの感情が起こっている時、脳内では闘争ホルモン「アドレナリン」が大量に分泌され、攻撃性が高まる「戦闘モード」の状態になっています。で例えるならアクセル全開なのです。でも、私達は子供の頃から「怒るのは良くない」などと言われ続けた結果、怒りを意識的に抑え込もうとしてしまいます(続)

「うわ……めっちゃ熱ある…」 よりによってこんな日に。 近くの病院は休みでやっていない。 一人暮らし、親とは絶縁状態。 頼れる人はいなかった。 誰か…で病院に… 今思えばタクシーを使えば良いのに 熱に浮かされていたのか 私は、彼にメール送っていた

あーきつい。送迎あるの有難いけど、電車のちょっとした遅れとかの中での会話とかめっちゃ神経使う、、。100パー自分のせいなんやけど、全く上がらん。ほぼ元のみが続いてる状態。この通りでやったら🍵引いたみたいな本数😅おばの呼び込みよりも玄関のライトがまじで合ってない気する。すぐ消す

おはようございます☀️ PMSのせいか…眠れず😭 体と心が興奮状態な感じあり💦 体が重いのでrunはやめて でジムに移動🚗 ダンスエクササイズと hyperCと筋トレしました✨ 踊るの楽しい💃 少し熱を逃せたと思うんだけどなぁ 帰ったらもう一度寝てみます😴

あれ待って?? 今月の支払いえぐない? 奨学金、携帯、の保険、火災保険、家に入れるお金、その他もろもろ…。 ん…? 残金ゼロになるんやが。 何この地獄草 勘弁して欲しい いまのこってる金額と、あと支払わなければいけない金額が見合わなさ過ぎて???状態 もーやってられん!!!